Programming

MAMP2.1でのバーチャルホストの設定に関する備忘録

 Author:fumiyasac

IMG_0425

macユーザーでお手軽に開発環境を自分のPCに構築するツールとしてMAMPがあると思います。その中で、どうしても本番環境と同じディレクトリ構成と同じにしたかったり、複数のサイトを管理したい場合にはどうしてもバーチャルホストの設定をしなければならないときがあると思います。ですので自分なりにまとめてみました。

1.どのような環境を構成するか

MAMPを使用している方はご存知の通り、デフォルトで/Applications/MAMP/htdocs/(dirname)にhtmlファイルやphpファイルを置けばhttp://localhost:8888/(dirname)/内で表示されます。
しかし、複数のサイトを管理する場合はディレクトリ名でする管理よりもバーチャルホストの方が便利かと思います。

イメージはこんな感じです

  • サイトA : http://test1.dev:8888/
  • サイトB : http://test2.dev:8888/
  • サイトC : http://test3.dev:8888/

怖がらずにMAMP/conf/apache/内の設定を行っていこうと思います。
(MAMP1.9とは構成が異なっていました。)

2. confファイルの設定を行う

この中で触るのは以下の2ファイルになります。

イメージはこんな感じです

  1. httpd.conf
  2. extra/httpd-vhosts.conf

1. httpd.confファイルの設定

  1. #1 サーバーネームの設定
  2. ServerName localhost:8888
  3. #2 Listenの設定
  4. Listen 127.0.0.1:8888
  5. #3 この行をコメントアウトを行う
  6. Include /Applications/MAMP/conf/apache/extra/httpd-vhosts.conf

2. extra/httpd-vhosts.confファイルの設定

  1. #1 バーチャルホストの設定
  2. NameVirtualHost *:8888
  3. #2 サイトごとの設定を行う
  4. <VirtualHost *:8888>
  5.   ServerAdmin test@example.com
  6.   DocumentRoot "/Applications/MAMP/htdocs/test1"
  7.   ServerName test1.dev
  8.   ErrorLog /Applications/MAMP/logs/test1_error_log
  9.   CustomLog /Applications/MAMP/logs/test1_error_log common
  10. </VirtualHost>

3. hostsファイルの設定
ホストの管理にはこちらのフリーソフトがよろしいかと思います。
Hoster

設定が終わったらMAMPを再起動して設定を反映すればOKです。

3. 土曜日にCandyCaneの開発合宿に参加しました。

この写真は土曜日に参加したCandyCaneの開発会の写真です。

自分のMAMPが1.9系であったので、PEARがうまくインストールされなかったのでMAMP2.1にした際、自分の開発環境まで大きな影響が出てしまってTTDをする前にそっちのトラブル対応に終始してしまって、大変申し訳なかったです。

時間があるときに、CandyCaneのソースをきっちり見て次の機会までにきっちりできるように準備を整えておきたいと思います。リベンジしたいっす。皆さん本当に申し訳ありませんでした。そしてありがとうございました。