Reports

6月に参加した勉強会と近況について

 Author:fumiyasac

IMG_20130622_145604

6月は結構勉強会の参加ができるかと期待していましたが、思った以上に忙しい事もあったり、病院の診察等で土日の時間が確保できなかったこともあり、な感じでまたまたダイジェストにまとめてみました。PHPに関する勉強会への参加がメインでした。

1. 第14回 PHPで何か作ろうかい @Engine Yard

またまた性懲りもなく、僕はいつも通り開発中のサービスを作っていました。
今回は悩みどころが多い「画像アップロード+確認画面」の実装を行いました。参加されているメンバーからの反響も良いものでしたのでとても嬉しく感じると共に、絶対にローンチして少しずつでもいいから運営していかなければと強く感じました。

また、自分がいつもプログラムを書く時に残しているメモを見せた時の反響も良かったので、この点は実務でも継続しようと思います。
(ここは単に自分が忘れっぽい性格なので、忘れない様にと思って書いていることも多々あります)

※自分の師匠だった人が「いつ自分がいなくなるかわからないから、できるだけ資料やドキュメントは残しておく様に心がけなさい」と常に言っていたので、それが実践できているのかなと思います。

2. PHP Talk @VOYAGE GROUP

またまたこの会場に来ました。いつ見てもオシャレで働き易そうなオフィスだなーと思いました。(おかげで懇親会が終わった後もしばらく残った参加者の方とのトークをしていました。)
こちらはCodeIgniterやPHP全般に関するトークやグループディスカッションを行いました。
僕自身は仕事で少しCodeIgniterのソースを解析したり等はやっていたのですが、UnitTestのお話なんかもあって、今後是非活用していきたいと思います。

グループディスカッションでは「実際、テストってどこまでやっている?」というお題で参加者の方とディスカッションをしました。
自分もそれほどエンジニアとしての経験は浅いのですが、分け隔てなく話すことができて良かったなと思います。

お話した内容はざっくりとこんな感じです。

  • テストと納期の兼ね合いは結構悩み所
  • テストコード=仕様になる
  • テストコードはなくて損は決してないので書くべき
  • 本当に時間が足りないときは、気になる部分をピックアップしてテストをするのも良いかもしれない
  • バグ発生時の仕様を把握するのにも有効

そこんとこ自分も気をつけないとなーと思いつつ、CodeIgniterで仕事をする機会があったら下記の資料を参考に頑張ってみます。

勉強会の資料 @NEKOGETさん

3. やっぱ人と会う事と勉強会に参加することはとても楽しいと思った

最近は身の回りのことで悩んだり、ゴタゴタしたり、ストレスを抱えてしまったりと落ち着かない感じの1ヶ月ではありました。
しかしながら、同じ職種の方々とお話する機会の中で、「コレってどうなの?」と自分の中で思っていた事が質問出来たり、ふとしたきっかけで自分が作っている個人プロジェクトのものについてもご意見やご感想を頂けるのは非常に嬉しく思います。

この様な機会は今後もずっと継続していこうと思います。