Reports

Laravel in action Vol.1に参加しました

 Author:fumiyasac

仕事や今開発中のWebサービスでCakePHPを使用しているのですが、新しいフレームワークも是非とも試してみたいと思い、今回は参加してみました。
(場所はその他の勉強会でもよく行くコワーキングスペースCo-Edoでしました)

1. インストールから動かすまで

こちらの趣旨では、先に自分の作りたいものをあらかじめ決めてから開発していくスタイルのようでしたが、今回は初回ということもあり、インストールからドキュメントを読んでサンプルコードを動かしてみるところまでをしました。

今回は実際に、ドキュメントを読んでこんな感じで進めていくんだという流れの中で進めていったので、「こんな感じで作っていくんだ」とか「こうやってドキュメントを読むんだ」というのが、見えやすく自分も挑戦しよう!と思いました。

ちなみにLaravelはComposerがないと、インストールができないのでその辺に若干戸惑いながらもやってみました。
(Mcryptまわりでハマりはしたものの、実際に動かすまではそんなに詰まることなくできました。それにしてもComposerすげぇ。。)

ドキュメントを読んでみると、以外にTipsが多くて少し安心できました。
(英語だけど、コードがあるので幾分かは親切な気がします。)

自分はMAMPを使っているので、こちらを参考にインストールしました。

参考にしたものは以下の記事です。
(Qiitaは僕のバイブルです)

インストール参考資料

※自分はMAMP3.0.5を使っています。Laravel4はphp5.4以上がないと使えません。
基本的には上記の手順で問題なくいけるのですが、Mcryptがないよと言われてしまいます。
そこで~./bash_profileへphp5.4のパスを書いてあげます。

ターミナル

  1. $ vim ~./bash_profile
  2. export PATH=/Applications/MAMP/bin/php/php5.4.26/bin:$PATH

ターミナルを再起動してあげて、which phpで読み込む場所が変わっていればOKです。

Mcrypt & MAMPに関する参考資料

2. laravel-debugberに入れてみる

CakePHPでもDebugKit、Railsであればbetter_errorsというとても便利なプラグイン(gem)がありますが、Laravel4でも似たようなものでlaravel-debugbarがあります。

こちらも例に違わずインストールをします。

laravel-debugber参考資料

また、composer.jsonを書き換えた際には、こちらでライブラリを最新にしてあげます。
※自分はproject-nameという名前でディレクトリをきったので、下記のようになります。

ターミナル

  1. $ cd project-name
  2. $ php composer.phar update

これでOKです。一応これで準備は整いました。
今回の勉強会ではこの辺も質問しながらできたので、やっぱりこういう機会は重要なんだなと思いました。

3. その他

ちょっと自分が今日やってみたことで、参考になったものをざざっとまとめてみました。

3-1. DBについて

DBの設定もこちらを参考にしました。
migrateファイルを作って実行する流れはどことなくRailsっぽい気もしました。
※こういうのって地味にありがたいよなーと思ったりしました。

流れとしては、Migrateファイルを作ってその中にスキーマを自分で書いて実行する流れになります。(※あらかじめデータを投入する場合はSeedを使います)

Schema Builder

ターミナル

  1. $ php artisan migrate:make create_users_table #Migrateを作成
  2. $ php artisan migrate #DBを作成
  3. $ php artisan migrate --seed #Seedを入れる

3-2. ドキュメントや参考資料など

まだまだ日本語の書籍が充実している訳ではないけれども、サンプルやドキュメントはたくさんありそうな印象ではありましたので、最初に読むべきドキュメントへのURLを自分の備忘録もかねて下記にまとめました。

・ドキュメントの場所
Qiitaでのまとめ
・迷ったらここを見るべし
公式ドキュメント(英語)
・Laravelレシピ集
Laravel Recipes(英語)

3-3. 取り急ぎの取り組み

上記のドキュメントはもちろんなのですが、以下の項目もぜひ復習しておきたいなと思います。まあ、そんなに焦らずじっくりと取り組むように心がけていきたいと思います。

・ルーティング周りの復習
・CRUD処理まわり
・Authの認証

4. 近況について

実は、最近Macを新しく買い替えました(Mac book Air 11インチ)。OSもMarvericksになったこともあって今まで手が出なかったiPhoneアプリの勉強も少しずつやっています。
※仕事の後に2時間以内で毎日取り組むようにしています。

別に意識が高いとかそういう訳ではないのですが、せっかくだからじっくりと1ステップずつ取り組むような勉強の仕方を実践していければ、モチベーションが維持できる気がしたのでこんな形で取り組んでいます。

今までは、業務に即直結できるようにかいつまんでするスタイルが多かったのですが、無理をしてしまうことが多々あったので、今回はあえてセーブしつつやるようにしています。
(本業に支障がでないようにすること、そして初めてのことは入るときに以下につまずかないかが重要と考える)

アンテナを張りながら、自分のサービスを開発しながら、楽しむこと。

これを忘れないようにしていこうと思います。